これを待っていた人も多いはず! 「Mac版 タウンWi-Fi」リリース!!


細かい設定の必要なく街中のほとんどのフリーWi-Fiに、ほぼ自動で接続できるiOS・Androidアプリ「タウンWi-Fi」。
とても便利なアプリなので、愛用者も多いことだろう(僕もそのひとりだ)。

そんなタウンWi-Fiに、待望のMac用アプリがリリースされた。
さっそくインストールしよう。

スポンサーリンク

Mac版 タウンWi-Fiをインストール方法

Mac版 タウンWi-Fiは、タウンWi-Fiのウェブサイトからダウンロードする。
ウェブサイトにアクセスし、[Mac版をダウンロードする]をクリックすると、インストーラーのダウンロードが始まる

ダウンロードしたpkgファイルを開き、インストーラーを起動する。

インストーラーが起動したら[続ける]をクリック。

ここでインストール先を選定できるが、特に必要がなければそのままで[インストール]をクリック。

[続ける]をクリック。

パスワードを入力し[ソフトウェアをインストール]をクリック。

1分程度でインストールは終わる。

モバイルアプリと同じように生年月日と性別を入力・選択し、利用規約とプライバシーポリシーを確認して問題がなければチェックを入れて[登録]をクリック。

インストールが完了したので[閉じる]をクリックし、インストーラーを終了する。

これでMac版 タウンWi-Fiが使用可能になった。

Mac版 タウンWi-Fiの設定

インストールすると、自動的にステータスバーにタウンWi-Fiのアイコンが追加される。
クリックするとメニューが表示されるので、[設定]を選択。

設定は[ログイン時に自動的に起動する]よ[接続開始時に通知を表示する]の2つだけ。

特に問題がなければ、両方チェックを入れておけば良いだろう。

メニューで[タウンWi-Fiを終了]を選択すると、ステータスバーからアイコンが消える。

まとめ

モバイルアプリでもあった多少の設定もなく、ほぼインストールするだけで使える、不安になるほど簡単なアプリだ。
接続可能なサービスはモバイルアプリに準じると想像はできるが、Mac版にとくに表示はない。

このブログを書いている時点で僕は未使用なので、近々使用感などは追記したいと思う。

いずれにしてもスマートフォンやタブレットより、モバイル通信機能を搭載していないMacやPCの方に、むしろ有用なアプリだ。
今後は、モバイル版のようにVPN機能の搭載と、Window版のリリースも期待したい。


こちらの投稿もいかがですか

タウンWi-Fiからリリースされた無料VPNアプリ「WiFiプロテクト」は、安心安全で設定も簡単!
iPhoneやAndroid、スマートフォンやタブレットで簡単に街のフリーWi-Fiに接続できる「タウンWi-Fi」。 モバイラーには必須...
スポンサーリンク