Androidの軍門に下ったBlackBerryが新機種3端末を発表! 黒い果実は実を結ぶことができるのか!?

BlackBerry
かつてはスマートフォンの代表格だったBlackBerry。
しかしiPhoneが発表されAndroidが世界を席巻すると、忘れられた端末になってしまった。

そんなBlackBerryは起死回生を狙って、オリジナルOSを捨ててAndroid OS搭載端末を、少し前から発売している。

先日、BlackBerryからAndroid搭載端末の3つの新機種が発表された。

スポンサーリンク

BlackBerry新3機種

発表された新機種のコードネームは「Neon」「Algon」「Mercury」。
それぞれのスペックを見てみよう。

Neon

    ディスプレイ:5.2インチ 1920×1080 QHD タッチスクリーン
    CPU:Qualcomm Snapdragon617
    メモリ:3GB
    ストレージ:16GB
    バッテリー:2610mAh
    アウトカメラ:1300万画素
    インカメラ:800万画素
    物理キーボード:非搭載
    発売予定時期:2016年7月~8月

Algon

    ディスプレイ:5.5インチ 2560×1440 QHD タッチスクリーン
    CPU:Qualcomm Snapdragon820
    メモリ:4GB
    ストレージ:32GB
    バッテリー:3000mAh
    アウトカメラ:2100万画素
    インカメラ:800万画素
    物理キーボード:非搭載
    発売予定時期:2016年10月

Mercury

    ディスプレイ:4.5インチ 1280×720 HD
    CPU:Qualcomm Snapdragon625
    メモリ:3GB
    ストレージ:32GB
    バッテリー:3400mAh
    アウトカメラ:1800万画素
    インカメラ:800万画素
    物理キーボード:固定式搭載
    発売予定時期:2017年10月1〜3月

まとめ

いずれも手堅くまとめられた端末といって良いだろう。
しかし逆にいえば、特に面白味のない端末ともいえる。

「Neon」「Algon」に関しては、Android搭載で物理キーボードを持たないという、もはやBlackBerryである必要すらない端末だ。
唯一「Mercury」が物理キーボード搭載のBlackBerryらしい端末ではあるが…

僕もかつてはBlackBerryユーザーだったので、小さいながら意外と使える物理QWERTYキーボードの良さは、よく分かっている。
黒とシルバーのコントラストが美しい、サイバーなデザインも魅力的だ。
そういう意味では、いずれまた使ってみたい端末のひとつでもある。

それだけにBlackBerryには、がんばって欲しいんだけど、iPhoneやAndroidに浮気した人間が言うことではないのかもしれない…

スポンサーリンク