今年もこの季節がやってきた! HanesサーマルロンTを着る

Hanes_Thermal_150111a
僕は厚着が苦手なんで、年間をとおしてTシャツで過ごしたいと思っている。
下着にシャツ、その上にセーターみたいな重ね着をすることはない。
何枚も着たり脱いだりするのは、面倒くさいしね…

室内では基本はTシャツ(半袖)で、寒ければスエットパーカーを羽織る。

sankouバートン スリーパーフーディーは機能性抜群で、ふだん使いとしても活躍しそうだ

外出時はTシャツの上から、M65などのアウターを着る。

sankouミニマリスト厳選の一着 !! M65フィールドジャケットは、意外なほどコーディネートの幅が広い

そのスタイルがベストなんだけど、冬も本番になってくると、さすがにTシャツだけでは寒い。
そんな時に着るのが、HanesのサーマルロンTだ。

スポンサーリンク

サーマルとは

サーマル(Thermal)とは本来、「熱の」「温度の」などという意味だ。
サーマルTシャツの生地は、ワッフルのように凸凹上に織られていて、生時間に空気を保持し保温性を高めるように造られている。
アウトドアやミリタリーのアンダーウェアにも採用されていることが多い。

Hanesとは

Hanes(ヘインズ)は、米国のカジュアルアンダーウェアブランド。
赤ラベル・青ラベルの3PTシャツ(3枚パックTシャツ)で有名だ。

HanesサーマルロンTの、ココがお気に入り

生地

素材が綿65%ポリエステル35%なので、肌触りが良い。
洗濯耐久性も高く、洗濯を繰り返しても色落ちやほつれ等が少ない。
速乾性もあり、夜に洗濯して干しておくと、朝にはほぼ乾いている。

サイズ感

本来は下着なので、裾をパンツにインできるように長めに造られている。
しかしこれは日本企画なので、着丈・袖丈がベストで、裾を外に出して着ることも可能だ。
シルエットもタイトなので、もたつきがなくスッキリ着られる。

価格

多少の価格変動があるが、1.500〜2.000円までで買える。
耐久性があり、長く使えるのでコストパフォーマンスは高い。
着替え用に2〜3枚用意しておくとイイだろう。

着こなし方

ほんとうは、これを下着として直接肌の上に着て、その上からネルシャツやセーターを重ねるんだけど、僕はwjkのTシャツの上からこれ1枚をロンTとして着る。

サーマルロンTの上から、色違いのプリントTシャツを重ね着しても、ストリートぽくってオシャレだ。
Hanes_Thermal_150111b

まとめ

今年は暖冬だ、という予報もあったけど、年末から寒い日が続いている。
秋が来るのも早かったしね。

例年、サーマルロンTを着るのは年が明けてからなんだけど、今年は年末に引っ張りだしてしまった。
これは年齢のせいではなく、あくまで寒気団のせいだ。
念のため…

Vネックや、

ヘンリーネックもある。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ