これで16GBのiPhoneでも大丈夫! iOS用外部メモリ「leef iBRIDGE」

leef iBRIDGE_a
デザインも優れていて直感的に使いやすく満足度の高いiPhoneだけど、数少ない不満点にmicroSDカードなどの外部ストレージ(メモリ)が使えないことがある。

好きな音楽をダウンロードし写真や動画を撮っていたら、気がつくとメモリがほとんど残っていない、なんて経験をしたiPhoneユーザーも少なくないだろう。

そんな時、iPhoneでも使える外部ストレージがある。

leef iBRIDGEだ。

スポンサーリンク

leef iBRIDGE

独特のJ字型で、両端にLightning端子とUSB端子を備えている。
leef iBRIDGE_b
黒い部分はシリコン、金属部分はアルミで、材質には安っぽさはない。

iPhoneに接続したところ。
leef iBRIDGE_d

USB部分(本体)はiPhoneの背面に回り込んでいる。
leef iBRIDGE_e

Macに接続したところ。
leef iBRIDGE_g
Lightning端子が目印になって、接続の表裏に迷うことがない…

Lightning端子とUSB端子を同時に保護できるキャップカバー付き。
leef iBRIDGE_c

カバーを装着すると完全な輪っか状になるので、ベルトなどに通して持ち運ぶことも可能。
leef iBRIDGE_f
もちろん奨励された使い方ではないので、実行する場合は自己責任だ。

MobileMemory

leef iBRIDGE内のデータの閲覧・視聴は、すべて専用のアプリMobileMemoryで行う。
初回接続時、MobileMemoryをインストールする旨のポップアップが出るので分かりやすい。
leef iBRIDGE_oMobileMemory – Leef Ltd.

MobileMemory起動画面。
leef iBRIDGE_h

[ファイル転送]では、写真や動画をiOS端末の写真アプリと、その他のデータはMobileMemoryleef iBRIDGEとの間で移動できる。
leef iBRIDGE_j

[コンテンツビューア]では、画像やデータの表示、音楽や動画の再生ができる。
leef iBRIDGE_k

MobileMemoryに転送したデータも、ここで表示・再生が可能だ。
leef iBRIDGE_l

[iBRIDGEカメラ]で撮影された画像や動画は、直接leef iBRIDGEに保存される。
leef iBRIDGE_m
どれだけ撮影しても、端末のストレージを圧迫することはないぞ!

[設定]から端末の写真や連絡先のバックアップをとることも可能だ。
leef iBRIDGE_n

MobileMemoryに転送したデータは、leef iBRIDGEを接続していなくても表示・再生が可能なので、ドキュメントフォルダアプリとしても使用可能だ。

ユニバーサルアプリなので、iPadでも快適に使える。

まとめ

iPhoneなどのiOS端末で使える外付けメモリーは、何種類か発売されている。
そのほとんどが、Lightningコネクタから飛び出る形になるので、そのまま持ち歩くことは難しい。
leef iBRIDGEは、本体部分がJ字型に回り込んでいるので、出っ張りが最小限に抑えられていて、接続したまま持ち歩いても危険は少ない。

何よりもMade for iPhone(iPad/iPod)なので、iOSがアップデートされても使えなくなることがない(たぶん…)。
材質的にも安っぽさがないし、独特のデザインも悪くない。
5年間のハードウェア保証もあるので安心だ。

容量は、16GB・32GB・64GB・128GB・256GB(僕が買ったのは32GB)。
ほとんどのファイル形式に対応している(詳しくはこちら)。

iPhoneやiPadのストレージ不足に悩んでいる人にはオススメだ。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ