30cmが携帯用Lightningケーブルの最適解!?「Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル」

Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル
以前このブログでも書いたように、携帯用のLightningケーブルは、AmazonBasicの10cmのものを使っていた。

リーズナブルで高性能、耐久性もあってブランド的にも安心な、Amazonベーシックはコストパフォマンスが最高だ!

高品質で低価格、5年以上使っているが未だに現役と耐久性も高い。

ただ10cmは持ち運びにコンパクトで良いのだが、ちょっと短すぎる。
コンセントの場所によっては、iPhoneなど充電するものが宙ぶらりんになることもある。

そこでiPhone(iPad)付属の純正ケーブルや、他のガジェット類に不付属していたmicro USBケーブルに、Lightningアダプターを付けて使ってみたりしたのだが、若干長くて(約1m)まとまりが悪くイマイチしっくりこない。

その中間くらいのサイズはないか、と調べてみるとあった。
「Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル(0.3m)」だ。

スポンサーリンク

Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル(0.3m)

いつもの白とブルーのAnkerカラー(?)の、コンパクトなパッケージ。

中はケーブルと、いつもの “Happy?”“Not Happy?” の冊子のみ。

見よ、この絶妙な長さ!

ケーブルはビニール製ではなく、2重に編み込まれた高耐久ナイロン。

内部にも高耐久素材を使っていて、6000回以上の折り曲げテストにも耐えるという。

携帯時にまとめやすい、ベルクロ製の結束バンドも付属している。

同じくAnkerのPowerCore Fusion 5000とコンビで、コンパクトに持ち運ぶことができそうだ。

今さらながら「Anker PowerCore Fusion 5000」は購入して正解だった!

まとめ

編み込まれたナイロン製のケーブルで高級感があるうえに、耐久性も期待できそうだ。
さらに18ヶ月保証も付いているから安心だ(正規販売店からの購入に限る)。

Apple MFi認証も取得しているので、iOSのバージョンアップで使用できなくなる心配もない(たぶん…)。

僕自身、今までAnker製品は多数購入してきたが、ハズレは一点もなかった。
迷ったらAnker製品というのも、今の僕の最適解だ。


こちらの投稿もいかがですか

モバイラーにとって充電器は必需品だ。 各端末にも充電器は付属しているが、ほとんどの場合、端子はひとつで同時に複数台充電することはできな...
スポンサーリンク