Windows10対応にアップデート! Boot Camp6がリリース

BootCampAppleはマック上でWindowsを動かすことができるソフトウエア、Boot Campをアップデートした。

今回アップデートされたBoot Camp6は、Windows10に対応したもので、各種機能が強化されている。

スポンサーリンク

Boot Camp6対応Mac

今回Boot Camp6に対応しているのは、2012年後半以降にリリースされたMac Pro、iMac、Mac mini、MacBook Pro、MacBook Air、そしてMacBookだ。

残念ながら2012年前半以前にリリースされたMacには対応していないようだ。

対応OSはYosemite

Appleは、Windows10をBoot Campで使う場合は、OS X Yosemiteをインストールした上記のMacにBoot Camp6が必要としている。

そうすることで、USB 3やUSB-C、Thunderbolt、SD/SDXCカードスロット、さらに内蔵および外付けのSuperDrive、アップルキーボード、マウス、トラックパッドなど、Macのほとんどの機能が使用可能になるという。

旧Boot Campでも動いている!?

以前ブログでもご紹介したとおり、僕はMacBook Air 11inch Mid 2013でOS XのMavericksに、旧Boot CampでWindows7から10にアップグレードした。

MacBook+Windows10が最強!と思うのは僕だけか? MacBook AirにWindows10を入れてみた
珍しく(?)前評判が異常に高かったWindows10。 予定どおり7月29日にリリースされた。 予約ダウンロードできるのは、まだまだ...
今のところUSBもキーボードもトラックパッドも問題なく使えている(MBA11inchにはSDカードスロットがないことと、Thunderboltは使っていないので不明)。

トラックパッドの関しては、Windows10でタッチパッド機能が追加されたので、便利になったくらいだ。

知人は今回の対応以前のMac、MacBook Air 11inch Mid 2011 MountainLionでも問題なく動いているという。

まとめ

現在のところ、旧OS Xで旧Boot Campでも問題なくWindows10は動いているようだ。

でもせっかくアップデートされたんだから、対応機種をお持ちの方はBoot Camp6を使ったほうがいいんじゃないかな。
僕もどこかのタイミングで、アップデートしようと思います。

. 
こちらの投稿もいかがですか
https://re-cyberrat.info/windows10_unnecessaryfiles

スポンサーリンク