iTunesで取り込めないMP3ファイルをMacで取り込む方法


自分で作成したり、インターネット上から正規にダウンロードした音楽ファイル、MP3ファイルでも、どういうわけかiTunesにドラッグ・アンド・ドロップで取り込めないことがある。

おそらくファイルの設定に何か不具合があるのだろうが、僕のような素人では分からない。
専用のアプリなどを使って再エンコードすれば取り込めることもあるが、それも面倒だ。

Macを使えば不要なアプリを使わずに、簡単に取り込めることがある。

スポンサーリンク

QuickTime Playerで取り込む

Macのディフォルトオーディオアプリ、QuickTime PlayerでMP3ファイルを開く。

この段階で開くことができなければ、そもそもファイルが壊れている可能性が高い。
作成し直すか、再ダウンロードする必要がある。

QuickTime Playerの[ファイル]>[書き出す]から[iTunes…]を選択。

すぐに書き出しが始まる。

iTunesに取り込むことができた。

ただし、どういうわけかタイトルに “(AAC audio)” が追加されている。

情報を確認すると、種類は “AACオーディオファイル” に、ファイルの拡張子も “m4a” になっている…

もちろん、このままでも再生できるし、iPhoneなどに転送することも可能だ。
気になるようなら、iTunesでMP3ファイルに戻す、変換し直すことができる。

iTunesでAACファイル(m4a)をMP3ファイルに変換する

iTunesの[ファイル]>[変換][MP3バージョンを作成]を選択。

すぐに変換が始まる。

時間の長さはファイルの大きさによるが、通常は1分もかからない。

作成されたファイルの情報を見ると、“MPEGオーディオファイル” 拡張子は “mp3” になっている。

まとめ

ふだんはあまり使うことはないが、QuickTime PlayerやiTunesにこんな機能があることは覚えておいて損はないだろう。
特にiTunesでMP3に変換できる機能は、音楽ファイルのタイトルやアルバムアートワークが変更できない時などにも試すべき機能だ。

iTunesは僕にとって、音楽データ管理に欠かせないアプリだが、ちょっとした仕様の違いでヘソを曲げ(?)言うことをきかないことがある。
そのつど対応策、機能をひとつずつ覚えていって、iTunesを飼いならすのも悪くない。

こちらの投稿もいかがですか

【保存版】Macのストレージを軽くする ① iTunesとiPhotoのデータを外付けハードディスクに移行する方法
僕が使っているのは、MacBook Air(2013)の11inchだ。 プロセッサ:1.3GHz Intel Core i5 ...
消えたApp Storeを再表示する! iTunes 12.7を12.6.3にダウングレードする方法
iPad mini 2をiOS11にアップデートするために、iTunesも12.7にアップデートした。 iTunesも12.7は、それ...
スポンサーリンク