もっとミニマルに! iPhoneのホーム画面 2022年冬


この夏に、ミニマルになったiPhoneのホーム画面をブログに記録した。

さらにミニマルに! iPhoneのホーム画面 2022年夏

そこから、さらにミニマルになった。
記録しておこう。

ロック画面


iOS16からロック画面に、スケジュールや天気などのウィジェットを置けるようになった。
まだ思考中なのだが、とりあえずスケジュールと天気予報。
時計の上には、最近月を観るのにハマっているので月齢表(こんなのにハマるとは、歳のせいか…)。

ホーム画面


前回から、さらに減り、

  • カレンダー
  • 時計
  • ウォレット
  • メモ

ドッグには、

  • LINE
  • ミュージック
  • カメラ

の7点のみ。

カレンダーはスケジュールを記載する。
記載したスケジュールは、ロック画面のウィジェットに反映される。

時計は目覚まし時計として、毎朝の必需品。

ウォレットはサイフとして日々活用。
コンビニはもちろんスーパーマーケットなど、最近は電子マネーが使える店が増えて、ますます現金を使わなくなった。

僕が愛用しているのはiPhone SE。ホームボタンをダブルクリックすれば、ロック画面から直接ウォレットを起動することができる。
しかし、なぜか僕はこれが上手くいかない。ウォレットが起動せず、ふつうにホーム画面が開いてしまう。ウォレットが起動するのは、3回か4回に1回くらいだ(僕が不器用なだけなのか?)。
ならばホーム画面を開いて、ウォレットアプリを起動した方が早い、ということでホーム画面にアプリを置いている…

メモは買い物リストや、ブログネタを思いついた時に記しておく。
最近は物忘れが多くなって、気づいた時に記録しておかなくては(これも歳のせいか…)。

LINEは数少ない友人・知人との連絡用(相変わらずの未読多し…)。

ミュージックカメラは、なくても良さそうだが意外と使用頻度が高い。

ウィジェットページ


ここで詳しいスケジュールと、天気予報を確認。

ホーム画面に移しても良いのだが、移してもウィジェットページが消えないのと、ホーム画面はシンプルにしておきたいのでウィジェットページを活用。

Appライブラリ


電話など、1ヶ月に1回使うか使わないかというアプリはAppライブラリに。

まとめ

ホーム画面には、ほんとうに必要なアプリのみ。
これでしばらく生活してみたが、今のところ不便はない。

Appライブラリのおかげで、たまに必要なものをホーム画面に置かなくて良いのは助かっている。

これが、ほぼ完成型かな…


こちらの投稿もいかがですか

2022年6月7日欧州連合(EU)議会にて、EU加盟国内で販売されるすべてのモバイル機器は、USB-Cポートが必須という決議がなされた。...