子供の頃に観たトラウマ系SFホラー邦画3選


基本的にホラー映画は好きではない。
スプラッター系ならなおさらだ。
しかしSF映画は好きなので、その要素が加味されていれば別だ。

子供の頃観てトラウマになりながらも、今は好きな日本のSFホラー映画を紹介しよう。

スポンサーリンク

ガンマー第3号 宇宙大作戦


地球と衝突する可能性がある遊星フローラ。
宇宙ステーション・ガンマー3号から、フローラ爆破隊が派遣される。
爆破には成功したものの、未知の生命体がガンマー3号に侵入・増殖し、宇宙ステーション内はパニックに…

僕はこれを映画館で観た。
同時上映が「ピノキオの宇宙大冒険」などの子供映画だったので、油断して観ていて驚いた記憶がある。

監督は深作欣二・田口勝彦と日本人だが、登場するのはすべて外国人という、当時としては変わり種映画。

「パルプ・フィクション」などの監督 クエンティン・タランティーノが本作の大ファンで、来日した時、本作レーザーディスクに深作欣二のサインをもらったことは有名なエピソード。

つい先日までYouTubeで無料公開されていて、久しぶりに観た。
多少(?)チャチイ部分はあるものの、思い出補正もされていて、けっこうおもしろかった。

ガンマー第3号 宇宙大作戦
Amazonプライム・ビデオ

マタンゴ


豪華ヨットで航海していた7人グループは、嵐に遭い無人島に漂着する。
そこにすでにあった難破船に、「キノコを食べるな」という謎の手記が残されていた。
食料が乏しくなった彼らは、ついにキノコに手を出し始める…

東宝が満を持して公開した特撮ホラー映画。
監督は本多猪四郎、特技監督は円谷英二と、どちらも日本特撮映画の第一人者。
原案はSF小説ファンなら知らない人はいない、福島正実と星新一。

出演者も久保明、水野久美、小泉博、佐原健二、土屋嘉男、そして天本英世と日本特撮ファンなら涙モノ。
こんな豪華なスタッフ・キャストにも関わらず、公開当時は興行的にはイマイチだったらしい。

とはいえ、今観ても十分楽しめる。
日本特撮ファンは必見の作品だ。

現時点(ブログ投稿時点)でAmazonプライム・ビデオに入っていないのが残念。

マタンゴ
東宝DVD名作セレクション

吸血鬼ゴケミドロ


テロリストにハイジャックされた旅客機が、謎の物体と衝突し不時着する。
生き残った人々を銃で脅し、逃亡したテロリストは、謎の円盤の中に吸い込まれていく。
アメーバ状の生物に身体を乗っ取られたテロリストは、吸血鬼になり生存者を襲い始める…

邦画のトラウマ系SFといえばコレ。
僕は子供の頃、夏休みか冬休みの朝に、テレビでコレを見て衝撃を受けた。
その日1日、なんだか暗い気持ちで過ごした記憶がある。
決して後味は良くないが、そこがこの作品の魅力でもある。

タランティーノは本作のファンでもあるという(彼はほんとうにB級邦画が好きだね)。

多くは語るまい。
必見の一作だ。

吸血鬼ゴケミドロ
Amazonプライム・ビデオ

まとめ

「ガンマー第3号 宇宙大作戦」をYouTubeで観て、そういえば同じ趣旨の邦画があったなと思い、このブログを書いた。
もしかしたら、他にもあったかもしれない。
思い出したら追記したい。

[文中敬称略]


こちらの投稿もいかがですか

僕が子供の頃、年末冬休みになるとテレビで、東宝特撮映画をよくやっていた。 この時期になると、そのことを思い出す。 僕が好きな東宝...
スポンサーリンク