iPhoneに巻くミニマルなサイフ!? 「Crabby Wallet」


サイフを持たず、iPhoneと高城式カードケースだけのスタイルを続けている。

外出時の持ち物を少なくしたい! サイフを持たない生活は可能か!?

超快適! とまではいかないが、大きなトラブル(?)もなく、なんとか生活できている。

サイフを持たない生活、その後…

とはいえ、一生この生活を続ける、というつもりはない。
常にアップデートは必要だ。
これより優れたスタイルがあるかもしれない。

そんな中みつけたのが「Crabby Wallet」だ。

スポンサーリンク

Crabby Wallet


Crabby Walletの造りは簡単だ。
2〜3つのポケットがある本体に、中身が飛び出さないようにゴムのベルトが付いている。
サイドにはDリングがあり、ここに鍵を取り付けることもできる。
通常のカード類であれば10枚程度は収納が可能だという。

2つポケットで9カラーがあるスポーティ・ゴム版、3つポケットで10カラーのスリム・キャンパス版、3つポケットで3カラーながら本革製で名刺も入るサイズになっているビジネス・レザー版の、3つのバリエーションがある。

Crabby Walletはスマートフォンに巻いて使う!?

Crabby Walletの特徴のひとつ、ゴムベルトは伸縮性能が高く、本体だけでなくスマートフォンを巻くこともできる。
iPhone 7Plusくらいの大きさなら巻きつけが可能らしい。

鍵もゴムベルトで留めておけば、すべてがひと塊になりポケットの中で暴れることもないだろう。
何よりも、サイフ(カードケース)とキーリング、スマートフォンの3点が、ひとつのポケットに収まってしまうのが良い。

Crabby Walletを付けたままスマートフォンを使うのは難しそうだが(着信通話くらいは、できそうか…)、携帯性はアップする。
常にまとめておけば、忘れ物もなくなりそうだ。

まとめ

日本国内では株式会社ハンズエイド イノベ部がクラウドファンディングで代理店販売(?)していたが、すでに募集は終了している。
Amazonでも購入することができるが、おそらく並行輸入品ということで高価になっている。

米国での一般販売価格を見ると、日本国内でも2,000円前後から販売できそうだ。
ぜひとも正規国内販売して欲しい。

2,000円程度なら、僕も現在のスタイルとどちらが快適か比べてみたい。
結局、高城式カードケースに落ち着きそうな気がするけど…


こちらの投稿もいかがですか

再構築!? 高城式カードケース!
外出先や仕事場ではもちろん、自宅でもメモ帳として使っている高城式カードケース。 高城式カードケースが思いのほか便利で手放せなくなっ...
スポンサーリンク