マウスの後継機候補No.1! 「Microsoft Arc Mouse」

先日リリースが発表された「Microsoft Modern Keyboard with Fingerprint ID」と「Microsoft Modern Mouse」の予約受付開始を前に、2017年6月20日、米Microsoftは新型マウス「Microsoft Arc Mouse」の予約を開始した。

新型キーボード「Microsoft Modern Keyboard with Fingerprint ID」と新型マウス「Microsoft Modern Mouse」発表!

スポンサーリンク

Microsoft Arc Mouse


Microsoft Arc MouseはBluetooth4.0/4.1で接続するワイヤレスマウス。
その名のとおりアーク(円弧)状のデザインが特徴で、まっすぐに伸ばすことで電源をオフすることができる。
電源オフ状態では本体が薄くなるので、携帯用のマウスとしても最適だ。

最大の特徴はスクロールホイールがなくなり、前面部分が完全にフラットになっていること。
前機種Arc Touch Mouseはタッチセンサー化されたフラットなスクロールホイールが特徴のひとつであったが、Microsoft Arc Mouseがそれすらも排除した。
前面部分のそれぞれの部位を操作することで、左右のクリックや縦スクロールだけでなく、水平方向にもスクロールすることができる。

デザインや性能は、先日日本でも予約受付が開始された「Surface Arc Mouse」と同じ。
しかしバッテリー寿命はSurface Arc Mouseが最大9ヶ月に対し、どういうわけかMicrosoft Arc Mouseは3ヶ月短くなっている…

Surface Arc Mouseと同じであれば、残念ながらサポートしているのはWindows 10/8.1/8で、Apple製品はもちろんWindows 7もサポートしていないことになる。

価格は$79.99で、米国では2017年6月30日に発売予定。
現時点では国内の発売は未定だ。

まとめ


僕はWindows機を使う時、MicrosoftのArc Touch Mouseを使っている。
持ち運びしやすいことに加え、反応が良いのでマウスパッドがなくても使う場所を選ばない。
そして何よりもサイバーなデザインがカッコイイ!

もう5年くらい使っている。
持ち手の部分が擦れてまだらになってしまっているが、未だに現役でがんばってくれている。
もしコイツに寿命がきたら、後継機の「Microsoft Arc Mouse」を使ってみようと思う。

ホント、Microsoftのデザインってイイよね(WindowsのUIを除く…)。

こちらの投稿もいかがですか

ついにモバイルキーボード探しの旅も終了か!? 「Microsoft Universal Mobile Keyboard」購入
Anker iPad mini用キーボードケースやMicrosoft Universal Foldable Keyboard、技適がなく...
スポンサーリンク