これがスリーパーフーディー後継着の決定版か!? 無印良品「綿混二重編み撥水パーカー」

このブログでも何度か模索しているスリーパーフーディーの後継着。

バートン スリーパーフーディーは機能性抜群で、ふだん使いとしても活躍しそうだ

BASE CONTROLのダンボールZIPパーカーに一旦は落ち着いたのだが、その後adidasの「Z.N.E. トラベルフーディー」やバートンの「スリーパーフーディⅡ」なども紹介した。

バートン スリーパーフーディーの後継着!? BASE CONTROLのダンボールZIPパーカーを購入

そんな中、ユニクロと並ぶミニマリスト御用達ショップ、無印良品のMUJI to GOブランドからも、同様のウェアがリリースされている。
「綿混二重編み撥水パーカー」だ。

スポンサーリンク

MUJI to GO

旅を日常のように。
旅だからと特別なものを用意するよりも、シンプルで機能的なものを選びたい。
MUJI to GO は、そんな発想から生まれています。機能的なアイテムを携えていれば、旅を日常のように快適に過ごせるはずですから。

コンセプトからも分かるように、MUJI to GOは無印良品が提案する旅行用品のブランドだ。

旅行用のバッグやウェアはもちろん、ネッククッション(空気枕)やアイマスク、海外旅行用のコンセント変換アダプターや変圧器など、無印良品ならではのトータルアイテムを展開している。

綿混二重編み撥水パーカー


一見、スタンダードなスウェット素材のジップアップパーカーだが、旅行用に特化した様々な工夫がされている。

フードの中には、ふだんは目立たないようにアイマスクが収納されている。
左右のポケットにはジッパーが付いているので、中のものを落とす心配がないうえに、スマートフォン用のポケットも設けられている。
袖にはサムホールがあるので、機内での睡眠時などに体温を逃がすことがない。

素材は、綿68%・ポリエステル28%・ポリウレタン4%でネーミングどおり二重編みの、いわゆるダンボール生地を使用している。
軽くて保温性もあり、ストレッチ性にもとんでいる。

さらに生地には撥水加工がは施されていて、フロントにも止水ファスナーが使用されているので、小雨程度であればフードを被って凌ぐことができる。

まとめ

無印良品の良いところは、バートンやadidasなどアウトドア・スポーツブランドのように、胸や肩にロゴがないこと。
しかも、ほぼ同等の機能を備えながら価格は半額以下、1/3近い。
特にブランドにこだわりがなければ旅行用ウェア、特に海外旅行・出張での長時間フライトには最適な選択肢になりそうだ。

僕も時間をみつけて、店舗に実物を見に行くつもりだ。
4,990円だから、試しに買ってもイイ値段だしね…


こちらの投稿もいかがですか

バートン スリーパーフーディーの後継着本命はこっちだったのか!? 「adidas Z.N.E. トラベルフーディー」
先日購入したバートン スリーパーフーディーの後継着「BASE CONTROL ダンボールZIPパーカー」。 サイバーなデザインで、とて...
バージョンアップして登場! 「バートン スリーパーフーディⅡ」!!
このブログでも紹介し、僕も長年にわたって愛用していたJALオリジナルのバートン スリーパーフーディ。 そのスリーパーフーディがリニュー...
スポンサーリンク