Amazonカードがリニューアル! Amazon Prime Mastercardに入会せよ!


2021年10月12日、突然アマゾンからAmazon Mastercard クラシックがリニューアルされる旨のメールが来た。
正直「またか…」という思いだった。

楽天ゴールドカードはサービスが改定(改悪?)されたので、楽天カードへのダウングレードした。

【改悪!?】楽天ゴールドカードのサービスが改定されたので、(通常の)楽天カードへのダウングレードする

UCプライズカードも自動付帯だった海外旅行傷害保険が利用付帯になった。
いずれもサービス内容低下だ。

Amazonカードまで、と思ったが違った。
明らかにバージョンアップしている。

スポンサーリンク

新サービス移行後の主な変更点

年会費無料

これまでは、初年度無料で2年目以降は前年度1回以上のカード利用で無料、利用がなければ1,375円だった。
それが年会費永年無料になった。

コンビニで利用すれば1.5%還元

コンビニ3社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)で利用すれば、200円につき1.5%分のポイント還元される。

番号不記載のカードデザイン

これまではAmazonのダンボールを思わせるダサい(!?)デザインだったが、Amazonプライム会員向けはブラックメタリックの渋いカードデザインだ。
そしてサンプル上では、カード番号が記載されていない。
これだけでもAmazon Prime Mastercardにする価値はあるぞ(楽天カードもカード番号不記載にして欲しいな…)。

海外旅行傷害保険

これまで旅行傷害保険は付帯していなかったが、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯する。
ただし利用付帯(旅費などをAmazon Prime Mastercardで支払う必要あり)なので、注意が必要だ。

ショッピング補償

これまで年間100万円までお買物安心保険が付帯されていたが、これが年間200万円までに拡張される。
ただし、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみが対象となるので注意。

まとめ

Amazonカードは、僕の中では解約を検討していたが、これで継続利用が決定した。

僕が所有している3枚のクレジットカード

年会費永年無料で主なコンビニで1.5%のポイントが付く、海外旅行傷害保険やショッピング補償も条件付きではあるが付帯している。
何よりも番号不記載のカードデザインがクールだ。
そしてクレジットカード会社ではトップクラスの三井住友カードが運営している。
Amazonユーザーはもちろん、一般の人にもオススメできるクレジットカードといって良いだろう。

なお、既存のユーザーは2021年11月1日から更新時点で順次新規カードに切り替わり、新規申し込み受付は同年11月中の予定だ。
もちろん新サービスは、旧カードでも11月1日から利用できる。
詳細は公式サイトで。


こちらの投稿もいかがですか

以前は5〜6枚のクレジットカードを所有していた。 現在は以下の3枚に厳選している。 確認しておこう。 UCプライズカード ...
スポンサーリンク