Google 日本語入力がiPhone・iPadに!? 日本語に対応したGBoardの使い方

僕はMacでの文字入力には、Google 日本語入力を使っている。
学習機能があり、トレンドワードなども変換候補に表示されるので、特にブログを書くうえでは必須のアプリだ。

ぜひiOS端末に、特にiPadに対応して欲しいと思っていたら、Googleのキーボードアプリ「GBoard」が日本語に対応した。
これで実質的にiPad mini 2で(もちろんiPhoneでも)Google 日本語入力が使えるようになった。

スポンサーリンク

GBoardの設定

起動すると簡単なチュートリアルが始まるが、[使ってみる]をタップ。

“日本語” が自動的にインストールされた。

“日本語” が自動的にインストールされない場合、また他の言語を使いたい場合は[言語を追加]から選ぶ(同時に3言語まで使用できる)。

すべての機能を使うため[フルアクセスの有効化]をタップ。

“検索はGoogleに送信されますが、他の入力情報は一切送信されません” という、いつもの(?)説明を確認して[使ってみる]をタップ。

自動的に設定アプリに移行し、GBoardの設定画面が開くので[キーボード]を選択。

[フルアクセスを許可]をオン。

注意書きを読み、問題なければ[許可]をタップ。

注意書きには “クレジットカード番号や住所など機密度の高い個人情報が” デベロッパーに送信される可能性があると書かれている。
これは先のGoogleの説明と矛盾するが、ここでの注意書きはAppleがすべてのサードパーティ製のキーボード使用時に表示しているものなので、個人的には気にする必要はないと考えている。
あとはユーザー自身で判断するしかないだろう。

GBoardの使い方


① Google機能(?)の起動
② キーボードの日本語/英語変更
③ 数字・記号キーボードへの変更
④ 設定・他のキーボードへの変更

①をタップするとGoogle機能が起動し、アプリを切り替えずに検索したり、YouTubeやGoogleマップを利用できる。
Googleマップで検索した場所や店などをメッセージやメールに貼り付けて送信すれば、受信者は貼り付けたリンクから直接Googleマップなどを開くことが可能だ。

まとめ

どういうわけか、僕のiPhone 7ではGBoardの “日本語” が準備中になっていてダウンロードすることができなかった。
iOS10.3.3で使っているからかもしれない。
ただGBoardのページには、 iOS9以降対応となっているし “準備中” なのですぐにダウンロードできるようになるだろう。

これでiPhoneやiPadの日本語入力が快適になることはもちろん、待ち合わせ場所などのメッセージやメールの作成も簡単にできそうだ。
やはりiPhoneやiPadを使ううえにおいても、Googleのサービスはまだまだ必須だ。

Gboard – Google, Inc.

スポンサーリンク