新型Fire HD 10、10 PlusのAmazon純正・認定周辺機器3選


先日予約が始まった新型Fire HD 10、HD 10 Plus(第11世代)。

新型Amazon Fire HD 10(Plus)は、どこが進化したのか? 買いか否か!?

同時に様々なAmazon純正周辺機器、Amazon認定周辺機器の予約も始まっている。

スポンサーリンク

Amazon純正 カバー


今までも発売されていたAmazon純正カバー。
ただし新型Fire HD 10は筐体のサイズが変わったので、今までのカバーは使えないので注意が必要だ。

横置きにも縦置きにも対応しているのが特徴。
カバーの開閉で、端末のスリープ/スリープ解除ができる。
カラーはオリーブ、チャコールブラック、デニム、ラベンダーの4色。

おそらく発売されるであろうサードパーティ製のカバーと比べて、やや高価なのが欠点か。
あくまで純正にこだわりたい人は必携といって良いだろう。

Anker ワイヤレス充電スタンド(Made for Amazon認定取得)


ワイヤレス充電に対応したFire HD 10 Plus専用のスタンド。
“Made for Amazon認定” のAnker製だ。
モバイルバッテリーやQi充電器を多数製造販売しているAnker製だから、安全面も信頼して良いだろう。

Fire HD 10 Plusを立て掛けるだけで、すばやく充電ができる。
横置きはもちろん、縦置きでも充電できるらしい。
15Wの高速ワイヤレス充電により、最短3.5時間で100%の充電が可能。
純正のカバーはもちろん、厚さ5mmまでならカバーを装着したまま充電できるという。

Showモードを設定しておけば、立て掛けた時に起動し、Alexaを呼び出すこともできる。
つまりEcho的な使い方もできるということだ。

Fire HD 8 Plusの充電スタンドでは、iPhoneの充電もできるという情報があった。
これでも可能かもしれない。

Fintie Bluetooth キーボード付きカバー(Made for Amazon認定取得)


今回の目玉ともいえる、初のFire HD 10専用 “Made for Amazon認定” キーボードケース。
iPadケースなどを多数製造販売しているFintie製だ。

Bluetoothで接続し、バッテリーは1回の充電で最大400時間の使用が可能。
スタンバイ状態では約1年持続するという。
カバーの開閉でFire HD 10(Plus)をスリープ・スリープ解除できる。
キーボードは30分操作がないと自動的にスリープし、いずれかのキーを押すことでスリープ解除可能。

本体背面カバーとキーボードはマグネットで接続されているので、簡単に取り外すことができる。
本体部分はカバーを付けたままワイヤレス充電スタンドに乗せ、充電することも可能だ。

RAMが強化されたことで、Amazonのコンテンツを楽しむだけのエンターテイメント端末ではなく、メールやメモ、ドキュメントの作成、Webブラウジングなど、Fire HD 10の使用目的が広がったといって良さそうだ。
実際、Microsoft365 Personal 1年版とセットになったモデルも販売されている。

ただし、このキーボードカバーの重さは634g。
Fire HD 10の重さが465g(Plusは468g)なので、合わせて1kgを超える。
またキーボードは、現時点(2021年5月)では日本語配列しかない。
個人的には、この2点が残念なところか。

まとめ

他にナカバヤシからDigio2 液晶保護フィルムも発売されている。
フィルムやカバー(ケース)は、サードパーティ製のものも多数発売されるだろうから、それを待つのも良いだろう。

純正(認定)周辺機器やサードパーティ製が充実しているのは、Apple製品とAmazon製品の楽しみのひとつといえそうだ。
もうガジェット類は、この2大ブランドで十分かもしれない。


こちらの投稿もいかがですか

僕にとって、最も使用頻度が高いガジェットは何なんだろうか。 それはiPhoneでもなくMacでもなく、ましてやiPad miniでもな...
スポンサーリンク