AnkerのiPad mini用のキーボードケースが高性能で、将来的にMacBook Airが不要になる可能性あり

anker_ipadmini_keyboardcase_141109a
ふだん仕事の時は、MacBook Airをパタゴニア マス・スリング9Lに入れて持ち歩いているんだけど、iPad miniで仕事ができればもっと荷物がミニマルになるな、ということでiPad mini用のキーボードケースを買ってみた。

スポンサーリンク

Anker iPad mini用のキーボードケース一択

POWER IQ搭載の40W 5ポート USB急速充電器が高性能で気に入ったこともあり、数あるiPad mini用のキーボードケースの中から、Anker製を選んだ。

実際Amazonのオススメでもトップに出てくるし、カスタマーレビューの評価も高い。

本体検証

anker_ipadmini_keyboardcase_141109b
キーボードはMacのUSキーボード配列に準拠している。
commandキーもあるので、入力文字の切り替えやショートカットなども使える。

ただしスペースに限界があるため、キーピッチは15mmとやや狭い。
また配列にも若干の違いがあるが、慣れれば問題はないだろう。

携帯時

携帯時はiPad miniとSmartCoverのようにマグネットで接続する。
anker_ipadmini_keyboardcase_141109d

折りたたむと、まるで小型のノートパソコンのようだ。
anker_ipadmini_keyboardcase_141109c

大きさはピッタリで、厚みは約二倍なる。
anker_ipadmini_keyboardcase_141108d

キーボード使用時

キーボードとして使用する時はいったんiPad miniを外し、本体のスリットに立てかける形だ。
anker_ipadmini_keyboardcase_141109f
多少の手間を必要とするが、重量バランスが取れ、安定感が増す。

気になる点

スペースと配列の都合上、使用頻度が多いEnter(return)キーが小さくなっている。
anker_ipadmini_keyboardcase_141109e
慣れるまで、誤打の可能性あり…

また、キーボード使用時に本体を取り外すため、また立てかけるスリットがiPad mini本体の厚みに最適化されているため、iPad miniにカバーをつけることができない。

さらに、携帯時に閉じるとSmartCoverのように磁力でiPad miniがスリープ状態になるが、ストッパーなどの仕掛けがないため鞄の中などで勝手に開き、スリープが解除され無駄にバッテリーを消費してしまう可能性がある。
ベルト状のもので留めるか、別途ケースに収めておいたほうが良いかも知れない。

まとめ

MacBook Air 11inchが1.08kg、iPad miniとキーボードの合計重量は517kg。
重量で約半分、大きさは二回りくらい小さくなる。

バッテリー性能についても、MacBook Air 11inchが最大9時間、 iPad miniが最大10時間、このキーボードに至っては連続作業100時間のカタログスペックを誇っている。

などの利点がある一方で、画面が狭いことやマルチウィンドウ不可など、iOSの性能限界もある。

しばらく併用してみて、自分(仕事、作業)にとってどちらが最適か見極めたい。
場合によっては、MacBook Airが不必要になってしまうかも知れません…

こちらの投稿もいかがですか

MacBook Airは、iPad mini + キーボードケースに取って代わられるのか!?

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ