ブログ執筆に必須!? 僕が使っている辞書アプリ

my-dictionary-app
日本語は、ほんとうに難しい。
自分が思っていること、考えていることを文字にして表現するのに、いつも四苦八苦している。
一度文字にしてみても、果たしてこの表現であっているのか、言葉の使い方は正しいのか、迷うことは多い。

そんな時に役立つのが辞書アプリだ。
僕が使っている辞書アプリをご紹介しよう。

スポンサーリンク

僕が使っている辞書アプリ3選

大辞林

daijirin
岩波書店の広辞苑と双璧をなす、国語辞典の一方の雄、三省堂の大辞林。
広辞苑は紙の辞典を持っているので、アプリは大辞林にした。

黒地に白い文字が美しく、ヒラギノ明朝体がいかにも国語辞典、といった趣で見ていて飽きない。
また、大辞林は百科事典でもあるので、言葉の意味だけでなく内容の説明もしてくれている。

さらに[インデックス]では、[地名]や[人名]、[動物]や[植物]、[季語][四文字熟語][故事成語]など、ジャンル別に言葉を楽しめる機能がある。
チョットした時間つぶしに眺めているだけで、新しい発見があったりして、知識と語彙力の強化にも最適だ。

daijirin大辞林 – 物書堂

ウィズダム英和・和英辞典

wisdom_old
英和・和英辞典といえば、学生時代も愛用していた三省堂のウィズダムだ。

このアプリの特徴は、すべてのデータがインストールされているので、オフラインでも使えること。
容量は約240MBと、とてもコンパクトになっている。
しかも、13万以上の用例や約4万項目が音声データとして収録されていて、もちろんこれもオフラインで再生可能だ。

ブログ執筆時の英和・和英辞典としてだけでなく、海外出張や旅行でも役立つスグレモノだ。

僕が数年前に購入したのは旧版。
wisdom_oldウィズダム英和・和英辞典 – 物書堂

今は新版がリリースされているので、これから購入される方はこちらを。
wisdom_newウィズダム英和・和英辞典 2 – 物書堂

新明解国語辞典 第七版

shinmeikai
大辞林と同じ三省堂発行の国語辞典。
実はこれは国語辞典としてではなく、エンタメ辞典として購入した。

言葉の意味の説明や、用例に独特の表現が使われていることで、一時ベストセラーになったこともある。
「新解さん」の愛称で、一部のマニアに親しまれていることでも有名だ。

これも時間つぶしに項目と説明を眺めているだけで、楽しい。
声を出して笑いそうになることがあるから、人混みの中などでは閲覧注意だ。

shinmeikai新明解国語辞典 第七版 公式アプリ – BIGLOBE Inc.

iPadで辞書アプリを使うにはSplit Viewが超便利!

iOS9から実装されたSplit View(スプリットビュー)機能。
大辞林とウィズダム英和・和英辞典は、Split Viewに対応している。

メモで下書きをしながら、Split Viewを開く。
my-dictionary-app_a

希望の辞書アプリをタップして起動し、そのまま文言を調べることができる。
my-dictionary-app_b

超便利だ!

まとめ

次に購入を予定しているのは類語辞典。

ruigo角川類語新辞典 – 物書堂

文章を書いていると、つい同じ言葉をくり返し使っていることがある。
リズムがおかしくなるので、別の文言に替えたいんだけど適切な言葉が浮かばない。
そんな時に役立つのが類語辞典だ。

ふつうの国語辞典と比べて活用範囲が少ないし、プロの文筆家にとっては必需品なんだろうけど、僕のような三流ブロガーには必要ないかな、と思いつつ、まだ購入できていない。
あれば便利なはずなので、そろそろ購入するか…
そんなに高価ではないしね…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ