ICカードの残高を確認できるカードフォルダ付iPhoneケース「nocoly Air for iPhone 7」


Apple Payが日本国内でも使用可能になって、iPhoneの利便性は格段に増した。
携帯電話時代におサイフケータイを使っていなかった僕も、Apple Payはコンビニで公共交通機関で絶賛活用中だ。

しかし残念ながら、すべてのカードを登録できるわけではない。
特に交通系ICカードでApple Payに登録できるのは、現時点でJR東日本のSuicaだけだ。

他社の交通系ICカードをiPhoneに付随させて使うには、専用のカードフォルダ付iPhoneケースを使う方法がある。
しかもチャージ残高を表示してくれる機能があるものもある。
「nocoly Air for iPhone 7」だ。

スポンサーリンク

nocoly Air for iPhone 7

デザインは一般的なカードフォルダ付iPhoneケースと大差ない。
最大の特徴は、ICカードのチャージ残高が表示されること。

液晶横のボタンを押すと、ICカードを読み取り、約十秒間残高が表示される。
ケース内側にボタン電池が内蔵されていて、それを電力源にカードリーダーが起動するようだ。
ボタン電池を留めるシートは防磁シートも兼ねているので、iPhoneと干渉することもない。

nocoly Air for iPhone 7 対応ICカード

対応している交通系ICカードは、

  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(関東私鉄・バス)
  • ICOCA(JR西日本)
  • PiTaPa(関西私鉄・バス)
  • Kitaca(IR北海道)
  • TOICA(JR東海)
  • manaka(名古屋私鉄・バス)
  • SUGOKA(JR九州)
  • はやかけん(福岡地下鉄)
  • nimoca(九州私鉄・バス)

さらに流通系ICカードの、

  • nanaco
  • nanacoポイント

にも対応している。
流通系ICカードの場合は、同様の操作でポイント残高が表示されるようだ。

Apple Payとの併用も可能

ただしApple Payに登録したSuicaと併用するには、多少コツが必要だ。

  1. Apple Payに登録したSuicaを使う場合。
    Apple PayのNFC(FeliCa)チップは、カメラの横にある。
    このあたりを改札のカードリーダーのかざせば、Apple Payが反応する。
  2. フォルダに収納したICカードを使う場合。
    iPhoneを表向け(ディスプレイ上向き)、カード収納部分を改札のカードリーダーにかざす。

何も考えずに使うとApple Payとフォルダのカード、どちらで改札を入ったか分からなくなってしまい、出る時に混乱する可能性がある。
使い分ける場合は注意しよう。

まとめ

カードフォルダが付いたiPhoneケースは各社販売されているが、nocoly Air for iPhone 7は交通系ICカードの残高を読み取り表示してくれる。
交通機関によっては、最低運賃がチャージされていないと改札に入れないところもある。
定期的に確認しておけば、残高不足で電車に乗り遅れ、大切な約束に遅刻してしまうという悲劇も防ぐことができる。

Suica以外の交通系ICカードユーザーには、必須のiPhoneケースといって良いかもしれない。

通常のカードケースタイプもある。

スポンサーリンク