小型パソコン!? キーボード搭載Android端末「Cosmo Communicator with HDMI」


物理キーボードを搭載したAndroidスマートフォン、「Cosmo Communicator with HDMI 10-101-JPN-J」の未使用品が、 “けっこう安い。イオシス” に大量入荷している。
しかも発売時は96,800円(税込)だったのが、57,800円(税込)という破格で発売中だ。

スポンサーリンク

Cosmo Communicatorの主なスペック

OS:Android 9
CPU:Mediatek Helio P70 2.1GHz(オクタコア)
RAM:6GB
ROM:128GB
SIM:nanoSIMx2(eSIM対応)
バッテリー:4220mAh
ディスプレイ:メイン 5.99インチ(2160×1080)/ サブ 1.91インチ(570×240)
カメラ:メイン 2400万画素 / サブ 500万画素
WiFi:a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth 5.0
外部メモリ:micro SD
付属品:ACアダプタ / USB-TypeCケーブル / USB-C to HDMIアダプタ / SIM取り出しツール
サイズ:約171.4 x 17.3 x 79.3mm 約326g

Cosmo Communicatorの特徴

何といっても、バックライト内蔵のQWERTY配列物理キーボードを搭載していること。
かな印字された日本語配列で、しっかりとした打鍵感があるという。

また “with HDMI” モデルなので、HDMI変換ケーブルが付いている。
大画面ディスプレイに、ディスプレイ表示することも可能だ。
プレゼンテーションなど、大人数でもディスプレイ視聴できる。

そして何より、ノートパソコンと比べ小型軽量であること。
ノートパソコンは軽量タイプといえども、ほとんどは1kg近くはある。
一方Cosmo Communicatorは約1/3の300g強。
ポケットにも入る重さ、大きさだ。

まとめ

かつては、よくあった物理キーボード搭載スマートフォン。

最近は大画面ディスプレイになって、ソフトウェアキーボードも使いやすくなった。
そんなこともあり、物理キーボード搭載スマートフォンが少なくなったのかも知れない。
しかし長い文章を入力するには、やはり物理キーボードが欲しいと思うのは僕だけではないはずだ。

キーボードが日本語配列ではなくUS配列だったら、僕も購入していたかも…


こちらの投稿もいかがですか

今年(2020年)の初め、今年買おうと思っているもの5点をこのブログに書いた。 ▷ 2020年 僕が今年買おうと思っているもの5選...
スポンサーリンク