【保存版】解約したiPhoneをiPod touchとして使う方法と注意点


機種変更しながらiPhoneを使い続けているユーザーは多い。
マニアの方は新モデルが出るごとに、そうでなくても縛りがなくなる2年ごとに乗り換える人も少なくないだろう。

乗り替えによって不要になったiPhoneは、どうされているだろうか。
Apple製品は中古品でも値崩れが少ないので美品であればけっこうな値段、そこそこの使用感があってもまずまずの値段で下取りに出せる。

でも、使い込んで愛着のあるiPhoneを手放したくない、という人もいるだろう。
大事に保管しておくのも良いが、せっかくなので第2の人生(?)、iPod touchとして活用してみてはどうだろうか。

スポンサーリンク

iPhoneをiPod touchとして活用することの利点

メイン機のバッテリーの節約になる

通信機能がなくても、通話以外の機能はほとんどそのまま使える。

ミュージックプレイヤー機能をこちらで使えば、メインで使っているスマートフォンのバッテリー節約になるだろう。
同じくカメラや電子書籍ビュアーなど、オンラインの必要がないアプリなら問題なく使えるので、使い分けることでかなりメイン機バッテリー節約になるはずだ。

もちろんWi-Fi環境下であれば、メールやTwitterなど、オンラインが必要なアプリを使うこともできる。

サブの電話機として使える

IP電話アプリを使えば、Wi-Fi環境下で電話機として使える。
必要に応じて、メイン機と2つの電話番号を使い分けることも可能だ。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

Rakuten Mobile, Inc.無料posted withアプリーチ

お子さんがいらっしゃる方は、子供用のiPhoneとして活用しても良いかもしれない。

iPod touchとしての設定

MVNOなどを使わずWi-Fiのみで使用する場合は、そのままではステータスバーに[圏外]と表示される。
これはiPhoneがsimがないにも関わらず、接続しようと電波を探している状態を表している。

このままでは不必要な作業にバッテリーを消費していることになる。
必ず[機内モード]にしておこう。

iPhoneの[設定]を開き、[機内モード]をオンにする。

この時、同時にWi-Fiもオフになってしまうことがある。
その場合は[機内モード]をオンにしたうえで、改めてWi-Fiをオンにすれば大丈夫だ。

これで不要なモバイルデータ通信の設定がオフになり、多少のバッテリー節約になるはずだ。

iPhoneをiPod touchとして使う場合の重要な注意点

iOSのアップデートや復元を行う場合、アクティベートでsimカードが必要な場合がある。
これは端末のライセンスを確認する作業で、端末を購入したキャリアのsimカードがないと、アップデートや復元を完了できない。

同じキャリア内で機種変更した場合は、simカードを差し替えるだけでアクティベートが可能だ(設定が終了すれば、simカードは元の端末に戻しても大丈夫)。

通信機能がないsimでもキャリアが合えばアクティベートが可能だったのだが、iOS7以降それも不可能になったようだ。
その場合は、アクティベート用のsimカードを購入するしかない。
それほど高価なものではないので、必要な人は購入しておいたほうが良いだろう。

なお、アクティベートカードにはキャリアや機種別になっているので、購入の際は確認が必要だ。


※ アクティベートカードは、Apple及び各キャリア推奨ではありません。また、iOSのアップデートで使用不可になる場合もあります。すべて自己責任でお願いします。

まとめ

4sあたりから性能も安定してきて、5以降は乗り換える必要があるのか悩むくらいに高性能になってきた。
そんなiPhoneを机の引き出しの奥に眠らせておくのはもったいない。

うまく活用してあげるのが、iPhoneにとっても幸せなのではないだろうか。


こちらの投稿もいかがですか

先日ご紹介した「タウンWi-Fi」がVer2.2.0にアップデートされた。 これにより登録できるWi-Fiスポットが45種類、5万ヶ所...
スポンサーリンク