iFunBoxとの相性も抜群で、iPadでの作業がはかどる、Documents5の使い方

UntitlediPhoneやiPadなどのiOS端末でのファイル管理にうってつけのアプリ、Documents5。

PDFリーダーでありメディアプレーヤー、ダウンロードマネージャーでもあるDocuments5が、iOS8に対応し、さらに便利になった。

あらためて、機能を確認しておこう。

UntitledDocuments 5 – 高速 PDF リーダー、メディアプレーヤー、ダウンロードマネージャ – Readdle

スポンサーリンク

Documents5

起動する。
Documents5_e

書類

Documents5_a

  • iTunesのファイル・・・itunesやiFunBox経由で、アップロードしたファイルなどのデータはここに入る
  • 写真・・・iOS端末の写真アプリとのアクセスを許可すれば、内容が同期される
  • ダウンロード・・・Documents5のブラウザでダウンロードしたデータはここに入る

その他のデータは、マニュアルなどプリインストールされているもの。
必要がなければ、右上の編集をクリックし、削除しても構わないだろう。

ネットワーク

Documents5_b
DropboxやGoogleDriveなどのクラウドストレージや各種サービスでのファイル共有も可能だ。
僕はとうぜん、容量を拡張したDropboxと共有。

大容量は正義だ! Dropboxプロにアップグレードした

ブラウザ

Documents5_c
このブラウザを利用してダウンロードしたデータなどは、[書類]の[ダウンロード]ファイルに保存される。

アドオン

Documents5_d
各種アプリと連携できる。

これを使えば、データをPDFファイルなどでスキャンし、書き込みなどの編集・加工をして、保存・プリントできる。
パソコンがなくても、簡単な作業はこれで充分だ。

その他新機能

Touch ID によるロック解除機能

Touch IDを使って、ロック解除できるようになった。
まぁ、僕のはiPad mini2なんで、Touch IDはないんだけどね…

iCloud Driveに対応

[開く]でiCloud Driveに直接アクセスできる。
僕はアップグレードしていないので、使っていないけどね…

ストレージプロバイダに対応

Documents5へ直接アクセスして、データの作成や編集ができるアプリがある。
僕が使っているアプリにはなさそうだな…

iFunBoxとの連携が超便利!

データのアップロードは、Dropboxなどのクラウド経由やWi-Fiドライブなどを使用してネットワーク間で行う方法がある。

便利なDocuments5をさらに便利に使う! Wi-Fiドライブでの接続方法


容量の大きなデータは、もちろんパソコンやMacなどから有線で行うこともできる。
その場合、当然iTunesでも可能なんだけど、僕はiFunBoxを使う。
そのほうが圧倒的に便利で手軽だからね!

Documents5_f
iFunBoxを起動しiPad miniを接続したら、[Appファイル共有]フォルダ内の[Documents]フォルダに、アップロードしたいデータをドラッグ&ドロップするだけだ。
アップロードしたデータは、[iTunesのファイル]フォルダ内に入っている。

テキストやPDFファイルはもちろん、JPEGやGIFなどの画像データや、MP4などの動画も読み込んでくれるから、プリインストールアプリから見られたくない秘密のデータを隠しておくことも可能だ…

【iPhone裏技】旧アプリをインストールする! iFunBoxの使い方【追記あり】

まとめ

以前から使い勝手が良くて評判だったDocuments5だけど、iOS8に対応して、さらに高機能になった。
僕は今回、iPad mini2にインストールしたけど、もちろんiPhoneでも使える。

こんなアプリが増えて、iOSがマルチタスクに対応したら、ホントにパソコン(Mac含む)が必要なくなるのかも知れないね…

スポンサーリンク