【iPhone裏技】旧アプリをインストールする! iFunBoxの使い方【追記あり】

iFunbox
皆さんは、iOSやアプリのアップデートはすぐに実行されているだろうか?
僕iPhoneやiPadはiOS7.1.2のままだ。
発行されてすぐのiOSやアプリには不具合が含まれていることが多いから、しばらく様子を見ることにしている。

実際、iOS8にはLINEが使えないなどの不具合があったし(LINE側ですぐに対応された)、iOS8.0.1においては通信不可やTouchID使用不可能など致命的なバグがあり、1時間で公開が中止された。
アプリもレビューを見てみると、アップデート直後はアプリが起動しない・落ちるなどの不具合が訴えられていることが多い。
だから、iOSやアプリのアップデートは評価が安定してから行うのが正解だと思っている。

それでも様々な事情で、アップデート後に前のバージョンに戻したい時もあるだろう。
iOSは基本的に不可能だが、iFunBoxを使えばアプリを前バージョンに戻す方法はある。

スポンサーリンク

旧アプリを保管しておく

アプリのアップデートは、iPhoneでもiTunesでもできる。

iPhoneでアップデートすると、アプリは上書きされ旧アプリは消えてしまう。
しかし、iTunesでは上書きされず削除される。
新アプリはiTunesフォルダのiTunes Media/Mobile Applicationsに保管され、旧アプリはゴミ箱に入れられるのだ。
このゴミ箱内の旧アプリ取り出し、任意のフォルダや記憶メディアにコピーし保管しておく。

また、iPhoneでアップデートした場合も、iTunesと同期した時点で旧アプリが削除されゴミ箱に入れられるので、この時点で取り出しても良い。

いずれにしても、旧アプリは自分で保管しておく以外に、手に入れる方法はない。
必要のものはもちろん、気になるアプリは事前にダウンロードしておこう。

【追記】

旧アプリの保存場所が変わった。
iTunesフォルダ内の、[iTunes Media]>[Mobile Application]>[Previous Mobile Applications]だ。

iFunBoxをダウンロードし、旧アプリをインストールする

最新のアプリがインストールされている場合は、予め削除しておこう。

ここから自分の使っているパソコンのOSに適したiFunboxをダウンロードし、インストールしよう。

起動する。
20141010b

iPhoneを接続する。
20141010c

[Appをインストール]をクリック。
20141010e

旧アプリを収めているフォルダから、インストールしたいアプリを選択。
20141010d

[Open]をクリックするとインストールがされる。

まとめ

以上のように、iFunBoxを使えばiTunesを使わずに、アプリをインストールすることができる。
また、画像や動画、音楽、アプリのデータ等をパソコンにコピーし、バックアップ・復元することもできる。
脱獄したiOS端末であれば、もっと深いレジストリを書換えることも可能だ。

ただし、iFunBoxの使用はAppleに認可されていません。場合によっては、端末を破損してしまう可能性もあります。その場合、Appleはもちろん、各キャリアのサポートを受けることはできません。 作業は全て自己責任でお願いします。

こちらの投稿もいかがですか…

iOS8が有能で、ますますMacを起動する機会が減りそうな勢い【iFanBoxに関する追記あり】

iFunBoxとの相性も抜群で、iPadでの作業がはかどる、Documents5の使い方

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ