【保存版】海外旅行での、iPhoneの使い方と注意点

※ 2015年7月19日に公開された投稿を、大幅に加筆・修正・再編集したものです。


夏休みに入り、海外旅行を計画されている方も多いことだろう。

iPhoneはもちろん海外でも使用は可能だ。
日本国内でもsimフリー版が正規に販売されたり、キャリア版でも一定期間が過ぎればsimロックを解除することができるようになった。
そのおかげで海外の現地simが利用可能になり、さらにiPhoneの活用範囲が増えた。

しかし、うっかり設定を間違ってしまうと、帰国後ビックリするほどの通信料金を請求されることがある。
海外でのiPhoneの使い方を確認しておこう。

スポンサーリンク

iPhoneの海外での基本設定

出国時は、必ず[データローミング]をオフにしておこう。
[設定]>[モバイルデータ通信]>[通信のオプション]から[データローミング]をオフ。

[データローミング]をオフにしておけば、海外で勝手にデータ通信してしまうことがないので、ローミング料金を請求されることもない。
特に必要がない場合、国内でも常時オフにしておいても問題ないだろう。

データローミングとは…
国内で使っているキャリアで、現地で提携しているキャリアに接続し通信すること。多くの場合、国内料金より多額の通信量が国内キャリアを通じて請求される。

海外でiPhoneを使う

現地でiPhoneを使う(データ通信をする)には、2つの方法がある。
Wi-Fiを使う方法と、現地simを使う方法だ。

Wi-Fiを使う

海外の都市部、ホテルや飲食店などはフリーWi-Fiが利用できるところが多い。
通信速度など不安定なところもあるが、簡単なメールのやり取りや地図を見る程度であれば、ふつうに使える。

ただし、セキュリティー面は不安なので、クレジットカード番号等の個人情報は扱わないことが原則だ。
また、国によっては政府検閲用のファイアーウォールがかけられているところもある。
SNSやウェブサービスにアクセスできない場合は、VPNを試してみよう。

フリーWi-Fi接続アプリ「タウンWi-Fi」であれば、ワンタッチでVPN接続が可能なうえに、米国や中国・韓国のフリーWi-Fiにも簡単に接続できる。

「タウンWi-Fi」にVPN機能が搭載され神アプリに!!

旅行前にダウンロードしておいて損はない。

出発する国内空港の専用カウンターでは、モバイルWi-Fiルーターをレンタルできる。
国内キャリアの海外パケット定額より安い場合が多いので、必要があれば利用しても良いだろう。

Wi-Fiの場合は、当然一般の電話機能は使えない。
通話が必要な場合は、SkypeやLINE、IP電話(VoIP)アプリなどを利用しよう。

ただし、Wi-Fiにはひとつ大きな欠点がある。
iPhoneのセキュリティ機能「iPhoneを探す」が使えないことだ。
「iPhoneを探す」では位置情報とデータ通信への接続が必須だ。
モバイルデータ通信を使っていない場合、Wi-Fiからの接続が切れた時点で「iPhoneを探す」は機能しないことになる。
盗難の可能性が高い海外で「iPhoneを探す」が使えないことは、ある意味致命的といえるかもしれない。

現地simを利用する

simフリーやsimロックを解除したiPhoneであれば、現地のsimを使うことが可能だ。
海外のほとんどの国際空港には、プリペイドsimを販売しているカウンターがある。

滞在期間や使用頻度で、購入するsimを選択する。
現地スタッフと多少やり取りすることになるので、最低限の会話はマスターしておく必要がある(ほとんど場合、英語が通じる)。

若干割高になるが、日本国内でもAmazonなどで購入することが可能だ。
現地での手続きに不安がある場合は、あらかじめ購入しておいても良いだろう。

現地simを利用するメリットはふたつ、音声通話機能付きsimであれば通話できることと、「iPhoneを探す」が機能することだ。
「iPhoneを探す」が使えれば、海外では盗難・紛失したiPhoneが戻ってくる可能性は低いが、iPhone内のデータを遠隔操作で消すことはできる。
iPhone本体以上の被害、個人情報の流出を防ぐことができるのはありがたい機能だ。

まとめ

海外でのiPhoneの使い方には注意が必要だ。
iPhoneは高値で取引されるので、常に狙われている。

間違っても飲食店では日本のように、iPhoneをテーブルに置いたまま食事やおしゃべりに夢中になったり、ましてや席を離れるようなことはないように。
決して目を離さない、というより肌身離さずくらいの方が間違いない。

とはいえiPhoneなどスマートフォンのおかげで、海外旅行も便利になった。
連絡手段としてだけではなく、地図や翻訳機能、宿の手配や飛行機チケットの購入までできる。

日本のiPhoneでは、海外でApple Payは使えない!?
日本国内発売のiPhoneでは海外でApple Payを使えない、という噂があったが、これは間違いで使用は可能だ。ただし現地のクレジットカードを登録しておく必要がある。日本国内発行クレジットカードの登録で、海外でApple Payを使うことはできない。

旅行に必要なものは、2、3日分の着替えとパスポート、それにiPhoneだけで充分だ。


こちらの投稿もいかがですか

海外旅行のつらい時差ボケ… その予防策と解消法!!
夏休みに海外旅行を計画されている方も多いだろう。 とても楽しい海外旅行だが、言葉や治安など不安なこともなくはない。 そのひとつが時差...
スポンサーリンク