Infiland New Fire HD 8 (2017/2016モデル適用)スタンドカバー購入!


バッグをユニクロバックパックに変更したことで、EDC(ふだんの持ち物)の変更を検討している。
そんなこともあって、初期化して快適になったFire HD 8を持ち運ぶ可能性も出てきたので、ケースを購入することにした。

Fire 7(2015)用に購入したInfilandが使いやすかったので、同じメーカーのものを購入することにした。

本体の保護だけではない! Infiland Amazon Fire 8GB用タブレットケースはスタンドとしても優秀だ

「Infiland New Fire HD 8(2017/2016モデル適用)スタンドカバー」だ。

スポンサーリンク

梱包

いつもは過剰包装で有名なAmazonだけど、今回はプチプチクッション付きのAmazon封筒で送られてきた。
中身もビニール袋(?)に入れられた簡単なもの。

ただし内部は、潰れないように発泡素材の緩衝材で、しっかり保護されている。

日本の配送業者は基本的に丁寧なので、梱包はこれで充分なのではないか。
過剰な梱包材は処分するのも手間が掛かるしね…

Infiland New Fire HD 8(2017/2016モデル適用)スタンドカバー

カバー部分と本体内部は、起毛素材が貼られている。

ディスプレイを傷つけることなく保護してくれそうだ。

上部は大きく開かれていて、ボリュームスイッチ・マイク・microUSBジャック・電源スイッチの操作に問題はない。

microSDカードスロットも大きく開かれているので、カバーをしたまま抜き差しできる。

Fire 7(2015)用はジャストサイズ過ぎて、カードスロットカバーの取り回しが不便だったのだが、今回は改良されている。

Fire HD 8の特徴のひとつ、スピーカー部分もしっかり穴を開けられている。

カバーをしたままでも、ステレオ音声を楽しむことが可能だ。

ディスプレイカバーは、2つのマグネットでしっかり固定されるので、持ち運び時に勝手に開いて画面を傷つける危険性もなさそうだ。

スタンドカバーだけではない!?

その名のとおり、ディスプレイカバーは三角にしてスタンドに使うことができる。

角度を高くしたり…

低くしたり…

使用目的に応じて調整が可能。
マグネットでしっかり固定されるので、不安定感はない。

ディスプレイカバーは、背面に3つに折りたたむことができる。

タテ方向でKindleなどを読む時、持ち手代わりになるので意外に便利だ。

旧Fire HD 8もスマートカバーに対応していた!

以前ブログで、Fire HD 8(2017)の新機能に “スマートカバーに対応” と書いた。
しかし今回、Fire HD 8(2016)もスマートカバーに対応していて、Infiland スタンドカバーの開閉でスリープ/復帰していることが分かった。

Fire HD 8は自宅で使っていたから、カバーをを使っていなかったので気づかなかったのだ…
修正しておいた…

買いか否か!? 新型Amazon「Fire 7」「Fire HD 8」リリース!

まとめ

旧Fire 7用もそうだったが、Fire HD 8用も過不足のない実用本位の優秀なスタンドカバーだ。

Fire HD 8の2017と2016モデルに適用となっているが、実際には2017モデルの方が0.5mm厚いはず。
誤差範囲で使用できるのかもしれない。
とりあえず、僕の2016モデルにはサイズもジャストなので、外出先でも安心して使えそうだ。

Amazonのレビューでは臭いが気になるというものが何件かあったが、僕に送られてきたものは気になる臭いはなかった。

そして何よりも、僕の旧Fire HD 8がスマートカバーに対応していることが分かったのでうれしい。

新型Fire HD 8専用オートースリップケースもある。

スポンサーリンク