Google Homeの導入はAmazon Echoと比較してから検討する

2017年10月4日(現地時間)のGoogleのイベントで発表された新製品、Pixel 2とPixel 2 XL、Pixel Budsは残念ながら現時点では日本国内での販売は予定されていない。

Googleは日本を見捨てたのか!? 新型スマートフォン「Pixel 2」「Pixel 2 XL」発表!

もう英語の勉強は必要ない!? リアルタイム翻訳機能搭載のワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」

しかしすべての製品が国内販売されないかというと、そういうわけではない。
すでに販売が開始されているものもある。
「Google Home」だ。

スポンサーリンク

Google Homeとは


Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー。
Androidユーザーはおなじみの「OK、Google」と話しかけることで、天気や当日の予定、通勤・通学の交通情報などを音声で返してくれる。

またGoogle PlayやSpotify、rediko.jpなどから、話しかけるだけで楽曲・音声を流すことも可能だ。

さらにPhilipやRobotなど提携するメーカーの家電を操作することもできるという。

ライバル乱立

同様の機能を持ったスマートスピーカーは、日本国内でもLINEがClova WAVEという名称でリリースしている。
さらにAmazonは米国ですでにスタートしているEchoの、年内(2017年)の日本国内での販売・サービスの開始される。
そしてAppleもHome Podを年内には、米国・英国・オーストラリアの英語圏を中心に販売・サービスの開始予定だ。

いずれもAIを搭載したスマートスピーカーで、性能は大同小異といったところではあるが、それぞれに強味があることも事実。

例えばClova WAVEなどは日本のインフラになりつつあるLINEのサービス、当然EchoはAmazonのサービスと親和性が高い。
Google Homeは汎用性が強味になりそうだ。

選択肢が多すぎて迷うところではあるが、自分の使用目的に応じて選べば良いだろう。

まとめ

個人的にはAmazonのヘビーユーザーなので、Amazon Echoが本命だ。
特にディスプレイ搭載のEcho Showを導入したいと考えている。

IoT端末の最右翼!? 「Amazon Echo Show」正式発表!

声だけではなくタッチスクリーンでも操作できるので、日本人向けかもしれない。

結局A&A、AppleとAmazonで端末は揃いそうだ…

Fire HD 8が優秀すぎて、もうガジェットはAmazonとAppleで充分なのかもしれない…

スポンサーリンク