【裏ワザ】脱獄不要! iPhone(iPad)でYouTubeの音声をバックグラウンドで再生する方法

youtube_logo
ツイキャスはアプリでバックグラウンド再生できるし、ニコニコ動画も会員になれば可能だ。
しかし、YouTubeアプリは現在のところバックグラウンド再生に対応していない。

YouTubeの豊富なコンテンツをバックグラウンド再生させて、作業用のBGMとして使う方法をご紹介しよう。

スポンサーリンク

SafariでYouTubeを開く

YouTubeアプリではなく、Safariで動画を開く。
Youtube Background playback_c

しかし、ふつうに開こうとすると、YouTubeアプリを開くアラートが出る。
Youtube Background playback_d
[開く]を選択すると強制的にアプリが開くし、[キャンセル]では動画を再生することはできない。

そこで、アドレスバーに「youtube.com」と入力し、直接YouTubeのサイトにアクセスする。
Youtube Background playback_e
Googleで検索し、YouTubeのサイトに入ろうとしても、先ほどのアラートが出るので直接入力でサイトに入る必要がある。

サイトに入れたら、目的の動画を検索する。
Youtube Background playback_f

見つかれば再生したまま、ホームボタンをクリックして、Safariを閉じる。
Youtube Background playback_g

ホーム画面でコントロールセンターを開くと、先ほどの動画のタイトルと再生時間が表示されているので、再生ボタンをタップ。
Youtube Background playback_h

再生された。
Youtube Background playback_i
これでコントロールセンターを終了し、他のアプリ(動画・音声再生アプリ以外)を起動しても再生は続いている。

端末をスリープしても、再生が途切れることはないぞ!
Youtube Background playback_j

YouTubeアプリで試す

一部でYouTubeアプリでも可能という情報があったので試してみた。

YouTubeアプリを起動し、目的の動画を再生してアプリを終了する。
Youtube Background playback_a

コントロールセンターには“YouTube”とあるだけで、動画のタイトルも再生時間も表示されていない…
Youtube Background playback_b
やはり再生ボタンをタップしても、再生されることはなかった。
僕の環境では、この方法は使えないようだ。

まとめ

少し手間はかかるけど、これでYouTubeをバックグラウンドで再生することができる。
再生しながらウェブブラウジングや、他の作業をすることも可能だ。

またスリープ状態でも再生できるので、BGMとしてだけ使うのであればディスプレイを消してバッテリーを節約できる。

今回はiPad mini2、iOS9.3.1で試した。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ